MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
 大樹君は続けた。強い言葉だった。
「先生は悪い人かもしれないけど、嘘を言わない人だと思います。僕は形だけの慰めなんていらない。同情なんかされてもしょうがない。そんなの僕には何の力にもならないんです。先生は僕に価値があると認めてくれた。手放したくないって言ってくれた。先生は約束も、守る人です。僕は約束、破りました。だからお仕置きされてもいいです。……ビリビリは、嫌だけど……。でもがんばるから、見捨てないで……」
「ちょちょちょ、ちょっと、待ってくれ……」
 父親の前で、お仕置きとかビリビリとか、頼むから言わないでほしい。見捨てないで? 僕はひどく動揺しながら、父親の方に視線を走らせたが、彼は仏像みたいに動かないままだ。
 僕は深呼吸して心を落ち着かせ、今にも泣きそうな、必死の様子の大樹君に語りかけた。
「大樹君……すまないが、僕には君の言っていることがイマイチわからない。いや、ほとんどわからないね。君は頭がいいはずなのに、話がすっ飛んでるよ。たぶんね。家庭の事情に踏み込む権利は、僕にはないけれど、わけもわからず三百万は出せないよ。君は僕を評価してくれたようだから、そう、正直に言おう。はっきり言って君には、金に換えられない価値があるが、もし換えるとするなら、三百万は安すぎるね」
 大樹君はうなずいた。その時、のっそりと隣の髭面の父親が、顔を上げた。
「すいません。私から話します。最初からそうすべきでした」
 僕が大樹君に何をしたかわかって、この親父は「すいません」とか言ってるのか?
「私は、数年前まで会社を経営していました。まあ、ほとんど個人事業に近いですが、いい時は年収が五千万以上、ありました」
 近頃流行りの、青年起業家ってやつか。
「今から思えば愚かなことですが、上がることしか考えていませんでした。ですからかなり荒っぽいお金の使い方をしていました。この子も、私立の名門幼稚園、小学校に通わせていました」
 少しだけ、話が見えてきた気がした
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ