MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
 僕は大げさにため息をついた。
「二万円じゃ足りなかったわけだ。まあそういうことなら、確かに話し合う余地はある。一体いくらほしいんだ?」
 大樹君は隣の父親の顔をちょっと覗き込んで、疑問形で言った。
「……三百万……?」
「さんびゃくまん!?」
 僕は思わず大声でおうむ返ししてしまった。相当驚いた。三百万? 小学生が一体、何に使う? この親父。僕はうつむくごつい男にちらっと視線を走らせた。本当に金が必要なのは、こいつじゃないのか? 借金でも、あるんじゃないのか? 我が子のからだを道具に、僕を脅迫するのか? しかも他ならぬ息子の口を使って。見下げ果てた父親だ。人のことは言えないとわかってはいるけどね。
「僕、奴隷ですよね。先生は奴隷は家畜と同じだって言いました。例えば先生が僕を誰かに売るとして、僕、三百万の値打ち、ないですか?」
「まままま、待ってくれ!」
 僕は慌てて両手のひらを出して、大樹君の言葉を遮った。父親の前で奴隷奴隷とか連呼しないでほしい。どこまでこの親父が事情を聞かされているのか、あるいはビデオを見てしまったのか、わからないけど、刺激的すぎる。
「だいたい大樹君、三百万も何に使うんだ? しかも自分のからだ、っていうか大事なものを犠牲にして、だよ。君の値打ちは、本当はお金なんかに換えられないはずじゃないか」
 言い分がまともすぎて口が腐りそうだ。でも言わずにいられなかった。
 大樹君はまた、僕の目をまっすぐに射た。
「私立の中学校に、通いたいんです」
 完全に想定外の答えだった。私立の中学校三年間の学費、諸費、入学金。確かに、三百万あれば、賄える。学校によって差はあるにしても。
「待てよ。そんなことのために、君は大事なものを犠牲にするのか? 学校で人生が決まるわけじゃないぜ。僕を見ろ。僕は国立大の医学部を出て、医者になった。確かに社会的には成功者の部類さ。最近特に不景気だしね。だけど君は、僕みたいな人間になりたいわけじゃないだろう?」
 多分に自虐的な物言いだが、本音に近い。でももしかしたら、先週の体験は、大樹君にとってそんなにひどいことではなかったのか? 受け入れられる、あるいは望んでいたような世界だったのか?
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ