MaraSon Part1
MaraSon Part1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part1 第1章 1
 予測した時間と五分違わず、彼は走ってきた。今日は寒い。彼の吐く息は白い煙となって消える。上は彼には大きめの黒いウインドブレーカー、下は黒に白いラインの入ったジャージだ。太腿と尻のあたりだけ、ぴっちりして、筋肉の動きがほの見える。僕は彼の視界外から、彼と向かい合わせに少し距離を取って土のコースに入った。人の目はない。彼はうつむきがちで僕に気づいていない。あっという間に接近し、すれ違いざま僕は、彼の膝下あたりに足を引っかけた。
 そこそこのスピードで、障害物があるなど思いもせず走っているわけで、少年は「あっ」と声を上げると、少しばかり宙を飛んでべったりと地面に倒れた。アスファルトだと怪我がひどくなる。この場所を選んだのは僕の「優しさ」だった。
 僕は、からだを返して仰向けになり、膝を抱えてうめく少年に歩み寄り、かがんで、「大丈夫かい?」と白々しく声をかけた。穏やかで優しげな表情と口調で。
 少年は顔をしかめ唇を噛みながらも、
「大丈夫……です……」
 と礼儀正しく答えた。やはり足をひっかけたのは僕だとは気づいていない。いや、足を引っかけられたこと自体、わかっていないかもな。彼にはそんなことをされる理由がない。
「無理に動かない方がいいよ。ちょっと膝をみてあげるから」
 計画通り僕は彼に覆い被さり、彼の視界を彼自身の足から遮り、足を抱え、ジャージの裾を膝までめくった。膝は擦り剥けて血が滲んで、痛々しかった。でもそれは僕の目的とは関係なかった。僕は自分のウエストポーチから素速く注射器を出すと、少年の靴下をこれも素速くおろし、くるぶしの静脈を探し、針を刺し、液体を静脈に注入した。
「痛い! 痛いッ!」
 少年独特の掠れた高い声が僕を高ぶらせる。彼は怪我のせいだと思っているだろう。でもくるぶしの焼けるような痛みは、僕が注入した液体のせいだ。反応は予測できていたから、僕は注射した足が動かないようにがっちり押さえていた。少年はもう一方の足をばたつかせて苦痛の声を上げている。僕は落ち着いて注射針を抜いた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ