MaraSon Part1
MaraSon Part1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part1 第1章 1
 ところが。

 ここ半年ぐらいだろうか、彼が一人で走るのを見る機会が多くなった。父親の仕事が忙しくなったか、変わったのかもしれない、と僕は勘ぐった。
 その上彼は、僕にとってたまらなく魅力的な発達段階に達していた。五年生としても小柄な方だろうが、幼さの中にも男の子から少年への移ろいの過程の危うさ、そろそろ主張し始める大人の筋肉の気配、第二次性徴の訪れるか訪れないかの瀬戸際、それらが僕を強くとらえはじめ、そして僕はとらわれ続けた。もう生えただろうか、精通はしただろうかと、すれ違う度に足の進みを遅くして、振り返り、妄想してしまう。また彼は幼児の無表情さ、男児の無邪気な表情を通り過ぎて、ここ最近はどこか憂いを帯びた暗い表情をしていた。一人で走っている時にそれは顕著で、謎めいていて、僕を惹きつけてやまなかった。

 僕は実際には使ったことのない、危険な道具をたくさん持っている。その使用を妄想する。いつか一線を超えてしまうだろうという危惧を抱きながらも、道具は増えていっていた。

 年明けの日曜日、僕はとうとう、流れ次第では一線を破ってやろうと決意して、必要な道具を持ち出し、いつものコースを走らず、しばしば少年とすれ違う河川沿いの付近に車を停め、ジャージの上にウインドブレーカーの姿で、ジョギングのふりをして短い距離を往復していた。
 ここ一ヶ月は、あの少年はいつも一人だった。昨日は会わなかった。いつも時間が合うとは限らないのだ。日曜の早朝、ジョギングの人は少なめだ。その日だけは朝寝する人、あるいはどこかに出かける人が、多いのだろう。でも彼は、日曜も大概走っていると僕は知っている。

6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ