MaraSon Part1
MaraSon Part1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part1 第7章 5-1
「まあ今、僕と君はしてるわけだけど、もちろんそういうことしてるのは、僕たちだけじゃなくて、特殊ではあるけど、けっこういる。男の人同士が好き合ったりすることがあるのは、さすがに知ってるだろ。最近テレビでもけっこうそういう系の人出てくるしね」
 大樹君の表情はイエスのサインだ。
「男の人の場合、5パーセントくらいも、同性愛の人がいるってことになっている。どうやって調べたのか全くわからないけどね。5パーセントって言えばけっこう多いだろ? ざっと計算して、君の学校の一クラスに一人くらいいる。学年に一人もいなかったら不自然なくらいだってことになる」
 大樹君はうなずいた。
「男の人同士も愛し合えばキスもセックスもする。でも女の人とするようにはいかない、ってのはわかるよね。ここに穴がないからね」
 僕は笑顔を見せ、大樹君の性器をちょっと指で弾いてやる。一方の手は、執拗にアナルの周囲をほぐし続けていた。
「そこで、口や手を使って気持ちよくなる方法をとるわけだ。僕たちがしたようにね。で、もう一つある。男の人同士がよくやるセックスの方法ね。それはね、女の人のここの代わりに、お尻の穴を使う方法だ。アナルセックスっていうんだけど、それをこれからするんだ。僕のおちんちんを、大樹君のここに入れるわけ」
 僕はそう言って微笑みかけたけど、大樹君の表情は瞬間かなり引きつったように見えた。僕はここぞとばかりに、慣らしていた手の中指を立てて、ぶすっと大樹君のアナルに押し込んだ。アナルがきゅっと引き締まる。力を入れるとかえって痛いのにな。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ