MaraSon Part1
MaraSon Part1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part1 第1章 1
 そんな中で僕は、もう二年ほども、気にし続けている子がいた。いつも父子(おやこ)で走っていて、初めて会った頃は三、四年生に見えた。短髪の時もあったが、少し髪が伸びると柔らかな癖毛で、ウェーブした黒く健康な髪が眉にかかっていたり、額に貼りついていたりした。愛らしい丸顔で、二重のくりくりとした目をしていて、幼い頃は今よりもっと頬がぷっくりとしていた。色白で、走って血の巡りがよくなっているので、頬がいつもほんのり朱(あか)く染まっていた。夏場はランニングシャツで走っていることもあったが、それだと腕や首のあたりも、白い肌が朱に染まり、汗がにじんで、シャツは素肌に貼り付いて、エロチックだった。今も丸顔は変わらないが、思春期が近づき、少しずつからだつきは幼児っぽさから抜けだして、毎朝のジョギングの成果もあってか、特に腰から太腿あたりは、ジャージの上からでもしっかりしてきたように見えた。でも全体としては、細身ではないががっちり型には遠い、しなやかな感じの肉体だった。
 彼は歳のわりには小柄なんだろうと思う。実際の歳を知らないから、本当は何とも言えないのだが、ずっと父親(よく考えればこれも確かめたわけではないが、普通に考えればそうだ)との対比で見てきたせいで、そういう印象があった。何しろ父親は軽く一八〇を超える(僕との対比だ。僕はやっと一七〇超えくらいの、平凡な体格だった)身長の上に、豊かな肩幅をして、ジャージの上からでもその筋骨逞しい肉体が想像できた。肌は浅黒く、あるいはそれは人工的なタンニングの成果かも知れなかったが、あらゆる点で息子と似ていない父親だった。最初に出会った時は、その滑稽なまでの対比のために、少年が幼児のように見えた。でも何度も会えばさすがに小学三年生はいっていると判断した。からだのバランスや顔つきなどを見てだ。僕だってだてに小児科医を何年もやっていない。
 父親は、少年の年齢からしても、僕よりちょっと年上程度なんだろうけど、巨漢の上に熊みたいな髭面で、二人並べば貫禄負けは明らかで、かわいい男の子を連れていることも相俟って、僕は彼にちょっと嫉妬を感じていた。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ