☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第16章 商談2・大向三奈子が淳と直談判・Negotiation☆天才は魂を売りたくないと思うモノ
 Fカップの谷間にお金の挟み込み。刺激的で悪魔めいている。確かに男なら手を伸ばして魂を渡すだろう、高確率で。

 だが悪いとは思いつつ、その谷間に手を伸ばしたいと思わなかった。金はゆっくり稼ぐもんだと淳は思っている、早急に金を稼ごうとするのはもう諦めているとつぶやいた。そんな風に考えるのではなく、金はゆっくり引き寄せればいいと現在の淳は考えている。

 「俺が天才だと証明し続ければ、金は回ってくる。それで十分」

 三奈子の谷間は却下された。その金は要らないと言われた。

 「疲れるんだよ、早急に金を得ようとか思うのは」淳はタバコを吸い込み、早急に金が欲しいと疼く年齢じゃないと女に伝える。それは10代で終わった、もう10代に戻りたくない。そう伝えた。

 「悪いね、同じ場所にいたら手掛けたかもしれないけどね」淳は立ち上がると、魂だけは売りたくないんだと言いながら伝票を持つ。

 魂、これがあるから金を呼び込める。だけど魂を失ったら、どんなに叫んでも金は回ってこない。淳はそれを不毛だと表現した。そんな不毛を10代の時にどれほどやっただろう。金が欲しいから簡単に魂を売る。そこで得たモノは、今の自分の手元にないのだ。
66
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ