☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第16章 商談2・大向三奈子が淳と直談判・Negotiation☆天才は魂を売りたくないと思うモノ
 煙を出すタバコを指で挟みながら、それで三奈子を指して淳はこう言った。俺は爆乳のAVを手がけている。君はセクシーアイドル。お互い差別を大前提で仕事をやっているじゃないかと。

 淳はこう言いたいのだろう。女を愛しているから女を差別する事になる自分。Fカップで踊ってアピールする三奈子。どちらも女を本質的に愛していながら、全部の女は愛していない差別だと。

 「淳さんはおかしいと思う」三奈子は、谷間が相手の目に入るように計算しながら問う。白いブラジャーがほんのり谷間と一緒に見えれば、男の心は奪えるというのが教科書にある。

 天才などと言いながら仕事を選り好みする。女を描くという点では何も変わらないはずなのに、もっともらしく言って受けようとしない。それは天才ではなく、単なる逃げ口上だと三奈子が指摘した。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ