☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第16章 商談2・大向三奈子が淳と直談判・Negotiation☆天才は魂を売りたくないと思うモノ
 「あんまり気が乗らない、悪いけど水に流してくれない?」

 新しいタバコに火をつけて、イマイチ気分が乗らないと返す淳。

 その理由を問われると、俺は君と魂を融合させる自信が沸かないと伝える。巨乳も爆乳も死ぬほど好きで愛して止まない。されども、君とは魂の波調が合いそうな気がしないからイヤだと淳は言った。

 「魂? それって差別じゃん。露骨に女を差別してるじゃない」

 「俺が何を差別していると?」

 「私がFカップだから。もっと大きい女がいいんでしょう?」

 「それが事実だとしても、差別だと見なされるのはおかしいな」
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ