☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第16章 商談2・大向三奈子が淳と直談判・Negotiation☆天才は魂を売りたくないと思うモノ
 「眠い……なんでこんな時間に喫茶店にいるんだ俺は……」

 朝の7時。淳は眠くてたまらない顔をしてタバコを吸う。昨日、健という男と話をした。断った。すると後で電話がかかってきて、大向三奈子が直に会って話をしたいと言うのだ。

 ガラっと喫茶店のドアが開いた。サングラスをかけて雰囲気をごまかしているが、あれが大向三奈子だと淳は悟る。

 タバコを吸いながら片手を上げて合図を送った。向こうは自分を知らないが、こっちは相手を奇妙な形で知っている。だから合図した自分の所に女が歩いてくる。大向三奈子、セクシーアイドル。淳にとっては別にどうでもよい存在。
60
最初 前へ 57585960616263 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ