☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第15章 爆乳ぷぅ子の朝帰り・一応アイドルだって自覚あるの?
 「仕方ないじゃんか……我慢できない時だってあるんだから」山本を振り払うと、不機嫌に歩き出す。

 山本さんだって一緒でしょう? ぷぅ子は歩きながら後ろにいる女に言う。誰だってたまには欲求不満になるはずで、山本もそれは同じはずだと。そういう時にセックスをやって何が悪いのか、なぜそれが断罪されるみたいになってしまうのか。

 「ぷぅ子……あんた一応アイドルなんだけど、一応有名人の仲間入りしてる存在なんだけど。自覚無さ過ぎでしょう」

 山本はぷぅ子に、我慢出来ないならオナニーしろと言う。オナニーで満たされ我慢する。それがアイドルの宿命らしい。そんな台詞を聞くと、ぷぅ子は歩きながら頭をかく。そして小さな声でつぶやいた。オナニーで満たされるほど世の中単純じゃないのにと。
59
最初 前へ 56575859606162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ