☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第15章 爆乳ぷぅ子の朝帰り・一応アイドルだって自覚あるの?
 「朝帰りって誰と遊んだ? まさか男じゃないでしょうね?」

 山本に肩を掴まれて問われるぷぅ子。

 「昔の馴染みのね。ちょっとラブホテルで過ごしてきたんだ」

 ウソを言えばいいのに、変な所で正直になる女だった。

 ラブホテル! 山本はぷぅ子を見て、セクシーアイドルだという自覚があるのかと怒り出す。どうあれアイドル、もうとっくに売り出していてDVDも出ていてTVにさえ出た。そんなぷぅ子がラブホテルから出てきた絵を、万が一にも見られたり撮られたりしたらどれほど恐ろしいか。山本は力説した、今のこの時代を甘く見ないでと。

 
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ