☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第15章 爆乳ぷぅ子の朝帰り・一応アイドルだって自覚あるの?
 「あ、この辺りで止めてください」タクシーから降りて根倉に戻る前、コンビニに立ち寄って買い物を。今日は細々とした感じの仕事が一杯ある。寝不足との戦いだろうなと思いながら買い物を。

 「あら、ぷぅ子。もう起きてたの?」不意に声をかけられ振り向くと山本が立っていて驚く。山本はぷぅ子の面倒を見るような係りになりつつあった。マネージャーもどきな存在。

 何でも山本は、朝の8時にぷぅ子を迎えにいくつもりだったらしい。ただ、友人と一緒に過ごす話があったので、早めにこの辺りに来て喫茶店で時間を潰すつもりだったとか。

 「ぷぅ子、あんた早起き? それともまさか朝帰り?」コンビニを出ると早速聞かれた。質問されたぷぅ子は、朝帰りという点ではお互い同じじゃないかと言い返してしまった。
57
最初 前へ 54555657585960 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ