☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第6章 爆乳ぷぅ子の欲求不満1・セックスがしたい……久々に再会したら、セックスしよう
 久しぶりに会話すると、スケベな話が花びらを咲かせていく。この2人が会話を盛り上げれば、比率としてはスケベが多い。

 「重、あんた彼女は出来たわけ? まだ一人ぼっちやってるの?」

 風俗ボーイをやっていると女にモテるタイプとモテないタイプが強く枝分かれを起こす。モテない奴はとことんモテない。

 ぷぅ子が相手なので、重は正直に全然ダメだと認めた。他の人間だと良い格好をしてごまかすのだろうが、ぷぅ子なら仕方ないと思うらしく、縁という文字に関われないと笑う。彼女が欲しい。その思いは1年毎に大きくなる。そして切実になる。一人ぼっち、歌の歌詞ならいざ知らず現実では寂しくてたまらない。もうオナニーさえ泣きながらやりそうなほどに。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ