☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第6章 爆乳ぷぅ子の欲求不満1・セックスがしたい……久々に再会したら、セックスしよう
 「有名人と繁華街で会えるなんて思わなかったなぁ」

 重はサングラスをかけるぷぅ子の胸を見ながら笑顔。

 「全然有名じゃないんだよね、笑っちゃうくらい」

 相手が胸を見ても笑って流して握手する。2人は近くにある喫茶店に入った。相も変らぬ見事なバストの持ち主、久しぶりに見ると迫力だ。3Dで見る爆乳より生が良い!

 「やっぱりぷぅ子はすごいな……どうしても胸に目が行くわ」

 上着を脱ぐぷぅ子はどうぞ遠慮なく見てと笑い、転職しても胸が命という点では変わらないんだよと重に返す。

 風俗からセクシーアイドル。ある意味ではとても立派だよ、重はタバコを取り出して相手を褒める。実際それは本当に思うこと。最初からAVなら驚かないのだが、セクシーアイドルという中挾を達成している事は感心する。何事も、例え強引でもやった方の勝ちなのだろう。そういう意味では、重は目の前の女を尊敬してもいいと本気で思っている。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ