☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/22
最終更新日:2012/03/15 13:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)7 第5章 商談1・魂を貸してもらえませんか?Negotiation☆天才とは食えないモノ
 健はビルの前に立つと携帯を取り出して電話をした。松山が出ると、「淳さんという人いますか? いたら合わせてもらえませんか」そんな風に頼んだ。三奈子が気にする淳という人間に会いたい。カバンの中には、ぷぅ子のDVDとパイロット版DVDの2つを入れてある。商談のアイテム。

 「淳さん、表に面会人。健ちゃん……っていうんですけど、会ってやってくださいよ」

 休憩中にタバコを吸っていた淳は松山に言われ、いいよと気持ちよく返事を。何やら精神の状態は良いらしい。代わりに仕事を与えておく。編集はもう出来ているので、オープニングの部分にタイトルの文字を入れておいてくれと。

「松山の友達か、誰だ健ちゃんって」

タバコを銜えながら下の階に行って入り口へと。

 面識がないので顔が分からない。しかし会いたがっているのは相手。だったら外に出れば何かしら声をかけてもらえるだろうと、淳はそのまま外に出た。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ