破壊と再生
破壊と再生

発行者:Ringo
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2012/03/07
最終更新日:2012/04/13 00:49

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
破壊と再生 第2章 第1章 春一番
良く見ると、教室にはバックパックや、ショルダーバッグが散乱していた。そのなかの空いた席に荷物を置き、エレベーターで一階へ降りる。

「お前、昨日ミナト達と酒飲んでたんだろ?なんでお前だけ遅刻してんだよ。家遠いのか?」
「いや、三人の中では一番近い。だからうちで朝方まで飲んでたんだが…ううむ。あんまり記憶はない。起きたら二人はいなくて、『先に行ってっかんな。起きたらメールよこせ。』ってミナトからメール来てた。置いてかれたんだな俺。ガハハ」
「…あはは。…そういうことか。」

呆れたコウガの後ろから190㎝の大男が歩く。
先程の見にくい校舎案内図を参考に、図書館の位置を見つけ、向かう途中、丁度、御一行と対面した。

「G!こっち…ってかコウガじゃん!久しぶり!同じクラスなのか?」
ミナトがハイテンションで絡んでくる。入学式の日に会ったまんまのミナトに、コウガは少しほっとした。

「君はこの資料を読んでなかったのか?僕たちのクラスの欄にコウガも入っていたじゃないか。」
そしてこちらも相変わらず冷静なシュウ。
「え?知ってたなら教えてよシュウ!」
「おい!そこの四人!話してないで早く来なさい!」
先導しているスーツの若者に注意され、四人は列に戻った。

ミナトが小声で罵る。
「アイツ一個上のくせに調子に乗りやがって。あとでアイツに鼻くそ飛ばしてやろうぜ。」
ミナトはこっちに引っ越してきてから初めて笑った。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ