破壊と再生
破壊と再生

発行者:Ringo
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2012/03/07
最終更新日:2012/04/13 00:49

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
破壊と再生 第2章 第1章 春一番
目が覚めたコウガは、まだ強く脈打つ心臓で、寝ぼけた頭の中にある鮮明な夢をかき消さんが如く、夕べのコーヒーの残りを一気に口に流した。
頭を振り、ゆっくり時計に目をやると9時。
ガイダンスは9時からだ。

(……。…っやっべ!)
ボサボサの頭で学校に到着したのは9時40分。掲示板の上に並んだ無数の学生番号から自分のを探しだし、教室を調べるのに10分。
掲示板の隣の校舎案内図(落書きだらけで見辛い。何やら、矢印がたくさん描かれている。)から、教室を見つけるのに5分、エレベーターを待ち、4階へ上がるのに5分。
教室に入り、誰も居ないことに気付いた時には、最早、時計は10時を指していた。
コウガは項垂れながら教室を出た。

「コウガ!」
図太い声に振り返るとそこにGが立っていた。相変わらずの図体で、その体に似合う大きな笑顔で手を振ってこっちに向かって来る。
「やー俺も遅刻だよ。夕べミナト達と飲み過ぎちまった。ガハハ。」
「飲み過ぎたってお前らまだ未成年だろ。」
「なぁに人生勉強だよ。というか、その様子だとコウガも俺らと同じクラスか。あーよろしくな。ガハハ。」
「俺ら?…同じ…クラス?」
「あぁ。さっき、ミナトとシュウからメールもらったんだ。俺ら三人一緒だったってな。ここ俺らの教室。そこにいたってことは、コウガも同じクラス。だよな?」
「…マジか?」
「マジだ。ガハハ。」

愕然とするコウガをよそに、Gは話し続けた。
「今、クラスの皆は図書館を見学しているらしい。早く合流しようぜ。」
「あぁ。」

ガタイのわりに、良くしゃべるやつだと思いながらも、コウガはGと図書館へ向かうことにした。

6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ