破壊と再生
破壊と再生

発行者:Ringo
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2012/03/07
最終更新日:2012/04/13 00:49

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
破壊と再生 第2章 第1章 春一番

入学式早々、奇妙な三人と知り合ったコウガは、始業までの3日間、部屋に籠った。
インターネットで、大学のサイトを検索し、サークル一覧を見付けた。
どのサークルも、まあ、どこの大学にも有りそうな、比較的「普通」なものが多かった。
コウガは、ミナトの先輩が何らかのサークルに入り、そのサークルで何らかのトラブルに合ったと考えたのだ。

しかしー
やはり、コウガの頭は
(何故、こんなことをしているのだろう。英文科なのだから、英語を勉強したり、親元を離れ、1人暮らしを始めたのだから、1人暮らしの生活リズムを作ったり、他にたくさんやることはあるのに、何故、入学式で初めて会った奴らに協力しなければならないのか。)
という感情でいっぱいだった。
明日は始業日。
初めての大学でのガイダンスだ。これからの大学生活の導入部分である。
(疲れたな。)
パソコンをシャットダウンさせ、コーヒーを買いに行くことにした。
入学式の日に、最寄りのコンビニエンスストアの位置は覚えた。3日ぶりに外出したコウガは、外に出て驚いた。うっすら雪が積もっていたのだ。その上まだ、雪がちらついている。
(もう4月の頭だぞ。名残雪にも程があるぜ。)
雪の中、コンビニに向かう途中、父親から電話がかかってきた。

「おぅ。元気でやってるか?」
「あぁ。おかげさまで。」
「そうか。頼まれてた生活費振り込んどいた。大事に使えよ?タバコなんて吸うんじゃねぇぞ?」
「ありがとう。もう吸わねーよ。」
「そうか。じゃあ達者でな。」
「昔話のじいさんか。じゃあな。ありがとう。」

他愛もないこの会話が、何故か多大な安心感をコウガにもたらした。
「あ、あと包丁の扱いには気をつけろよ?」
「わーってるよ!ガキじゃねーんだ!」
「なぁに言ってんだ。童顔で、背も170㎝ねー18なんて、まだまだガキだよ。」
「うっるっせっ!!」
電源ボタンを連打し、時代遅れの折り畳み式携帯をスウェットのポケットに、右手と一緒にぶちこんだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ