人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第2章 プラチナ
美しいドレス、煌びやかな社交界‥。


「何でも君には、もう一件注文が入っているとか。君ほど美しい人形だ、注文が重なるのは有り得ること。
だが、私以上の買い手はあるまい?
君は、私が引き取ろう」


美しいドレス、煌びやか社交界。
そこには、温もりがありますか‥?




















「ああ‥、この子だわ。
でも、残念‥、他に注文が入っていたなんて」



ガラスケースの前で、ふぅっとため息を吐いた老婆を慰めるように、マスターは笑う。


「まだ、どちらにお譲りするかは決めていないのです」


「あの時、悩んだのがいけなかったのね」


最初に私を見つけたのは、この白い髪の老婆だった。長い間ガラスケース越しに私を見つめていたけれど、結局その日は何も言わずに帰ってしまった。


「他の子と、迷われましたか?」


「いいえ、お人形さんを買うこと自体を悩んだんですよ。
私はこの通りお婆ちゃんでしょう?

お人形さん達は大人しい性格をしている子が多いというけれど、ちゃんと自我があると言うじゃありませんか」


「ええ、個体差はありますがね。
主の言葉に頷くだけのものから泣いたり、笑ったり、喜怒哀楽のはっきりしたものまで様々です。買われていくお客様の要望も様々ですしね」


「だからね、こんなおばあちゃんのところじゃ、この子が可哀想かと思ったのよ。でもね」


「でも?」


「女はいつでも可愛くて綺麗な物が好きだから。
どちらと来るかは、お人形さんに任せましょうね」


老婆はふふふっと少女のように笑う。


「いいんですか‥?
先ほどのお客様は、熱っぽく一緒に行こうと誘っていましたが」


「女はしつこくされると逃げるものですわ」



「なる程、」


マスターはガラスケースの中の私を振り返って、どうなの?と笑った。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ