人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第2章 プラチナ
 「私はどちらに買われていくのかしら?」

 「あなたはどっちがいいの」


 プラチナブロンドの引きずるような長く豊かな髪、青紫の澄んだ瞳。
人形たちの中でも特に美しくも幻想的な顔をした彼女。
今日、彼女には二件の注文が入った。マスターはまだ、どちらに彼女を売るのか決めていない。


 「私?、私は…。
 もし、答えたら、あなたからマスターに頼んでくれる?」

 「いいわ。マスターが私の言うことを聞いてくれるかはわからないけど」

 「…ありがとう」


 実業家だという青年と、資産家の老婆、いったいどちらに買われていくほうが彼女は幸せなんだろう。人形は人間に逆らえない。だけど人形にも好みはあるのだ、気に入った人に買われていくほうがいいに決まっている。


 「私は、   と一緒に行きたい」










 「マスター、ねえ、もうあの子をどちらに売るか決めた?」


 「まだだよ、またガラスケースの中の人形と喋っていたの?」

 
 マスターは仕事机で書類仕事をしていた。部屋に入ってきた私を見つけて、そんなところにいたの、といった顔をして、膝に抱き上げる。

 

 「ねえ、マスター。あの菫色の目の子は、誰に買われていくの?」

 「あの子は、すごく珍しい色合いをした子でね。人形の中でも、そう簡単に作られる物じゃないんだ。俺としても長く大事にしてくれる方に買ってほしいと思うんだけど、どうしたものかな」


 「意外…」

 「なんで?」

 「売れれば何でもいいのかと思った」

 「酷いな」


マスターはいつものように私の額にチュッとキスとして抱きしめなおし、書類仕事に戻った。


 「あの子、買ってほしい人が決まっているのよ。
 その方じゃダメなの?」

 「そうだな、あの子自身に買い手を選ばせるのもいいかもしれない。
  だけど、お客さんたちはどちらも強くあの子を希望しているから、
  機会は均等に提供しないとね」

 「??」

5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ