人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第5章 琥珀
その男性が初めて店に現れたとき、お客にはなりそうにないと思った。複数で来店した客は商品を買わない。そんなジンクスがあった。

「うわ、すげー値段」
「何年ローンだこれ。寿命よりローンの方が長くなるよ」

高いに決まっている。
人形の姿かたちは完全に人間と同じだし、思考もある。
安くては困る。

その男性は三人で来ていた。
興味本位で足を向けた冷やかしなのは間違いなかった。

けれど、その男性は一体の人形の前で唐突に足を止めてガラスケースを覗き込むと怪訝そうな顔をした。

聞こえている…。
あの男性はあの子の声が聞こえている。


『出して、ガラスケースからだして』

人形は琥珀の目と髪をした華奢な体つきの人形だった。
豪華な顔やウサギみたいな奇異な色彩を持った人形も多い中で、整った顔立ちをしながら目立つタイプではないからか、これまで売れ残ってきた子だ。


「人形って喋るのか…」

「当り前だろう。人間と違うところはないというぞ。お前、その人形買うのか」
「買わないよ。そうじゃなくて、」

「だよな。高すぎる。けど、夢だよな。こんな可愛い子はべらせて生活できたらさ」

「もう帰ろう。仕事だ」
「なんだよ。つまらないな」

男性は足早に店を出て行った。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ