人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第4章 うさぎ
シンと静まり返った夜の店の中で、ガラスケースの向こうのアルビノことウサギに話しかけた。

「どっちがいい?
あのオバサンと男の人」


ウサギは首を傾げて、重そうな睫を震わせた。


「あのオバサン、怖い。
けど、僕、あんまりガラスケースに長くいるのヤだ。外出たい」


「そうよね‥」


人形はみんな自分のマスターを得て、早くガラスケースから出ることを望んでいる。ガラスケースから出たがらなかったのは、あのショコラぐらいだけど、彼だってずっと見つめられていたあの綺麗な紳士が迎えに来たら、躊躇わずに、その手を取った。


「あの男の人は貴方のこと大切にしてくれそうだけど、」


凄く過保護に扱いそうな気がする。
けど、今は実感が無くても事実アルビノは殆ど目が見えないし、紫外線への抵抗力も無いのだ。 大切にしてくれる人に買われた方が絶対に良い気がする。


「あの男の人、嫌い?」


「‥‥すき」


「なんなのよ、もう……。
好きなんじゃない」


ちょっと笑ってしまった。
アルビノことウサギは本当に正直で可愛い。


「僕のこと選んでくれるかな…?
早くケースから出て良いって言ってくれるかな」






時間はあっと言う間で、人形の子どもの成長もあっと言う間だ。 ウサギはどんどん育っていく。

ちびだった癖に、身長もスラリと伸びて160センチを超え、顔もだいぶシャープになった。ただ、血が滲み出しそうな真っ赤な瞳は、相変わらず大きくて潤んだように輝いていた。


ウサギは可愛いと言うより、意外なことにセクシーに育った。オバサンの言うことは、あながち馬鹿に出来ない‥。


人間の外見で言えば14歳前後、作られてから一年二ヶ月。 ウサギは正式に商品になった。



そして、あの男性に買い取られた。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ