人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第4章 うさぎ
「君は勝手に店の中を歩き回ってるじゃないか。でも、ショコラは可愛がられているみたいだよ」


「熱心な人だったものね」


「うん、まるで親子のようだと彼自身も言っていたよ」


「恋人、じゃなくて?」


「ショコラはまだ子どもだからね。
これからなんじゃないかな」


「大切にされてるなら、いいわ。

マスターはなんであの白い子を仕入れてきたの?」


アルビノの彼は、まるでショコラとは正反対だ。

派手ではないけど、髪や瞳の色はあまやかで光沢があって、顔立ちは見事に整っていたショコラ。

アルビノの彼は反対に、一目見ただけで視線を奪い、強烈な印象を与える。なのに、あの赤い瞳が印象に強すぎて他はあまり思い出せない。



「君、あんまりあの子の顔見てないだろう、可愛いよ」



「そう…」
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ