人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第3章 チョコレート
ショコラを連れてきて一年目、
元気が良すぎて手に負えないくらいだった。


二年目、花も恥じらうほどに美しくなったショコラに溺れるように恋した。


三年目、ずいぶん振る舞いも落ち着いてきた。誰にも見せたくなくて、だけど誰にでも自慢したくなるほど可愛かった。

四年目、ショコラが傍にいて過ごす日々が当たり前になっていた。彼は俺の伴侶だった。


五年目、ショコラは少しずつ元気がなくなっていった。けれど、苦痛も不安も、一言だって口にしなかった。



あの店の店主に相談もした。
しかし、その時点でショコラは作られてから六年以上が経過していた。時間なのですと、告げられた。


唯一、限られた時間を引き延ばす方法として提案されたのは、ショコラをガラスケースに戻すことだった。

けれど、ショコラは拒否した。


“最後の時は、マスターの腕の中がいい”



ショコラは生涯、大人にならなかった。 人間の外見で言えば、二十歳を迎える前だった‥。


俺はもう二度と、人形を買うことはない。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ