人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第3章 チョコレート

「‥不思議だな、たった一ヶ月見なかっただけで、ずいぶん大きくなった」



あの男性は、あれから度々店に来ては、チョコレート色の子を優しい目で見つめていた。


今回は、一ヶ月ほど店に顔を出さなかったけど、久しぶりに来て、感慨深げにため息を吐いていた。


チョコレート色の子は成長期よろしく日増しに大きくなってる。もう女の子には見えなくなった。けど、その分綺麗になった。


男性の方も相変わらず綺麗で、店にいた他の客が人形じゃなくて男性を見ているほどだ。黒檀のような髪と瞳をした、繊細で華やかな容姿をしている。

着ている物はとても上品で、それを無理なく着こなしていた。

きっと、本物の裕福な人だ。


「綺麗になったでしょう?」


「ああ、見違えて綺麗になった。
なるほど、店主の仰るとおりだ」


マスターは、誉められて、いつになく嬉しそうだった。
この分だと、チョコレートの買い手は、この男性に決まりのようだ。




「可愛いな‥。性格はどんな子なんだろう」


「怖がり、よ。大人しいし」


男性は突然喋り出した私に驚いたようだけど、直ぐにニコリと笑った。


「他には?」


「照れてる。あんまり見つめてるから」

「照れ屋なのかな」


見つめ過ぎだと言ってるのに、繊細な外見の割に、案外神経は図太いのかもしれない。


「‥、でもほって置かれるのは寂しいみたい」


一ヶ月も見に来なかったくせに、と睨んでみれば、またニンマリと笑う。


「寂しがりなのかな?」


「まだ、子どもなの」


だから、まだ連れていっては駄目よ。




「‥では、まだ譲ってはもらえないか」

「あっという間、ですよ。
もう少しお待ち下さい」
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ