人形の見る夢
人形の見る夢
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/03/05
最終更新日:2015/07/17 11:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
人形の見る夢 第3章 チョコレート

チョコレート色の彼は、恐々私に声をかける。


「‥‥‥こんばんは」


男の子は嫌い。
でもこの子は小さいし、昼間マスターにも虐めてはいけないと叱られたばかりだ。
それにこの子は、まだ当分店にいるのだし、仲良くしなきゃいけないから、返事をしてあげることにした。


「こんばんは、買い手が決まって嬉しい?」


「解らない。
ガラスケースから出るの、怖い」


この子はもしかしたら、少し変わった子かもしれない。大概、どの子も早くガラスケースから出て、自分のマスターを見つけるのを夢見てる。ガラスケースの中で時間(寿命)が尽きるのを恐れてる。 なのに、この子はガラスケースから出るのが怖いらしい。



それか、もしかしたら、


「‥まだ子どもなのね」


母の胎内で眠っている胎児のように、無理矢理に外に出されるのを怖がっているのかもしれない。



「君の方が俺より小さいじゃないか」


やっぱりこの子はまだ全然幼い‥。


「‥そうね、私の方が小さい」


見た目だけは‥。



「外、楽しい?」


「それぞれだと思うわ。私は楽しいけど。
だけど、ガラスケースの中が居心地いいなら、無理しなくていいのよ。
マスターはまだ、あなたを売るつもりはないみたいだから」


いずれは、ガラスケースの中は退屈で、窮屈になるわ。



「‥うん。ありがとう」


この子は、男の子じゃなくて
まだ“子ども”だ。


可愛い‥





12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ