☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第12章 新しいデジカメを買いに行く・小幡久美(オバ)はぷぅ子のCMに対面・弟に教える事
 「……」CMが流れていた。ソネーのコンパクトスリムの新製品。内容というか視覚が問題で、何ともすごいビキニ姿の女が、どう見ても犯罪であろう悪質さで谷間を見せながら宣伝している。片方は巨乳で片方は大爆乳。最後にその2人の声が小さく聞こえた。

 「ヤッホー♪ 谷間に挟んで撮影できるよ」と、本気でやっているのかと疑りたくなる台詞を。天下のソネーも落ちたとオバは思う。

 見ていて顔が赤くなる。Cカップの自分など論外とされる大きさと、特大みたいな大きさの2人。

 自分の胸に手を当てながら、この画面に映っている2人は女の敵だと思わなくない。悪用している、女の特徴を。女だから胸が出るという事実を最大限に悪用していると思う。そして、これを見た男は必ずこの場で立ち止まるんだろうなとも。

 オバは逃げようとした弟のTシャツを掴む。

 「へぇ~、中1にもなると、女の胸が見たくて立ち止まるんだ?」

 「違うから、デジカメを見てただけだから」

 笑ってしまいそうだった。この年齢から男は死ぬまで変わらないのかと。

64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ