☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第11章 大向三奈子は早々と第二弾DVDの撮影予定・ぷぅ子の第二弾は淳がわざと遅らせる指示
 「ぷぅ子の第二弾は……それも淳さんが監督やるんですか?」

 向かいの松山に聞かれると、サンドイッチとコーヒーを口に入れながら、まだ分からないと淳が返事。AVの仕事もある、そして他の監督が描く話になる可能性も高い。そして何より、ひたすら自分が手がけると、さすがの天才でもマンネリが怖いんだと淳。

 「だったらどうして、ぷぅ子の第二弾をまだ撮影するなって指示してるんです? 普通はもっとマッハの勢いで出すもんなのに」

 ちょっと待て。淳はサンドイッチをコーヒーで流し込むと、タバコを取り出して口に銜える。特注した新品の巨乳ライターを取り出して火を。特注と言っても金持ちではないからせいぜい5万円。しかし大きいおっぱいが好きな男は、このライターを欲しがるだろう。

 
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ