☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第6章 商談は本質的な主導権を持たない方が敗北する・勝者は敗者をコントロールできる
 それはちょっとやりにくいよ健ちゃん。松山があれこれ言い出す時、健はジッと黙って聞く。途中で何も挟まない。相手が言いたい事は何であれ言わせてやる。次第に相手が腹を立てたとしてもだ。

 松山、健が大人しいので段々ちょっぴり腹が立つ。それで負けがすでに決まった。

 健はとても落ち着いており、どうしてぷぅ子のマイナスになるんでしょうと返した。むしろ、言っちゃ悪いですけどブスな女の子が頑張っている姿の方が同性の支持を得やすいと思いますが。そんな風に健は自分の思っている事と正反対の事を松山に静かに伝える。


 そう言えばそうなのかなぁ、突然気弱になる松山。相手の健にちょっとイライラしたり気弱になったり、精神の安定が崩れだした。心の安定が崩れた人間は、すでに相手のラジコンのようなモノ。

 「ねぇ松山さん。大事なのは女の子の将来じゃないですか。可能性とか魅力。たまにはぶつかる事もあるでしょう。だったらほら、それを半分ずつ分け与えてやればいい。違うかな、間違ってるかな」
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ