☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第5章 A社の談義・三奈子にCM以来が来た・しかしもう一人必要・さぁどうしようか
 「要するにね、ほんのちょっと前の型のデジカメ。ほんのちょっと大きいやつ、あれを谷間に挟める爆乳が欲しいって、スケベだよねぇ、ソネーは」

 困ったなぁ。中田秀樹は頭をかいて、うちに在籍する巨乳で立派なのは大向三奈子と上野智鶴のみとつぶやいた。後は最大がCカップ。要するにちょっと実りの足りない会社。智鶴は他の仕事がパンパン状態という事情がある。そこが問題となる。

 Cップではデジカメを挟んでもボリュームが足りない。それを、ソネーはダメだと言う。それではCMが貧しくなると言うのだ。

 ソネーは「巨乳と爆乳」を一緒に要求しており、一人はFカップでもう一人はそれ以上だと。FカップとかFカップ以上、そういう人材を得るのにどれほど苦労する事か。悪徳企業はそういう苦労が何も分かっていないのだろう。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ