☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第4章 大向三奈子・敵であるぷぅ子のDVDを見て仰け反る・これは監督のせいだ!
 エンドクレジットを見て監督の名前に目を向けた

 監督の名前はjun( ̄ー ̄)ノ と書いてある。顔文字つき。

 「じゅん? ふざけた事を……」こいつだ、絶対こいつだと三奈子は声を出した。このふざけた感じと天才の融合。変態と神の両立。この監督がぷぅ子を魅力的な女にした張本人。天才にして変人。


 ビキニ姿で鏡の前に立つと、相当気持ちが苛立ったらしい。軽く片足で床を踏みながら、それが次第に激しくなっていく。

 「待って、ちょっと待って! お願いだから待ちなさい!」

 叫ぶように大きな声を出して、激しく床を踏んで左右の胸が揺れる。プルンプルンと揺れるのは怒りの感情の成せる技。発狂。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ