☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第4章 大向三奈子・敵であるぷぅ子のDVDを見て仰け反る・これは監督のせいだ!
 ビキニ姿で踊りながら始まるのを待っていたら始まった。最初にいきなり、前置きを省いてビキニ姿が出てきた。ブラタイプのビキニ姿。そんなぷぅ子が画面に。

 「はっ! ブラタイプのビキニしか出来ないだろうね、不細工♪」と優越感に浸りながら、自分は三角のビキニで踊る。勝った、誰がどう見ても自分の方が美しいだろう。とか独り言で舞う。

 しかし……徐々に踊りが勢いを失っていった。そしてパソコンを真っ直ぐ見つめて表情から笑みが消えていく。画面に映るビキニ姿の大爆乳が、バスト120cmなどと人間離れしているはずのブスが可愛く見える。そう、可愛く見えていた。あまりの不思議に画面を見る角度を変えたりもしたが、そういうイカサマではないらしい。

 「なんでこんな女が可愛く見えるの!」ビキニ姿の胸を揺らしながら、パソコンを置く机の上を叩いて息が荒い。

 どういう事か、しばらく理解できずに悩んでいた。三角ビキニで腕組みをして考える。何がある、一体何を仕込んだ。何度も何度も原因を突き止めるようにつぶやいて、次第に分かってきた。分かった、何が原因なのかが見えた。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ