☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第4章 大向三奈子・敵であるぷぅ子のDVDを見て仰け反る・これは監督のせいだ!
 自分のDVDは見た。初めての作品だった事もあるが、自分がどういう風に映され処理されているか確認するため。

 大した事は分からないが無難かと。その代わり神がかり的などとは浮かんでこなかった。自分の作品にはそんなオーラは無かった。もし、ぷぅ子のDVDに神が潜むというのなら、理不尽に負けてしまうのではないだろうか。負けたら女として再起不能かもしれぬ。

 おそらく監督は男だ。自分の作品もそうだった。男とは、思い返せば異常な才能を発揮する者が時々存在する。女には理解できずとも天才になる男が確かにいる。変態と天才を両立する男。

 そういう類が、そういう天才がぷぅ子の作品を手がけたりしたのではあるまいか。狂人と天才を表裏一体でやっているような異常な男が、そんな男が味方についているのではないか。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ