☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第3章 自身のDVDとかいうのは大変に奇妙なモノ・しかし見てみれば、ぷぅ子の胸は熱くなる
 立ち上がると、パソコンの画面を見ながら、自分の胸元をグッと広げて内側を見下ろした。谷間と白いフルカップに包まれたふくらみ。そしてパソコンの画面に映るビキニ姿。

 「そっか、私ってこういう爆乳だったのか……」自覚したかもしれない。自分の大爆乳を、大きさだけでなく全ての感覚で理解したような気がする。自覚させられたのだろう、淳という天才に。

 ジッと上から見下ろしながら谷間が熱くなる思い。嬉しくなってきた。自分が可愛いというのではなく、淳という天才に料理してもらえた事が嬉しくなる。この胸が熱くなってきた。あまりにも熱いからぷぅ子は、DVDを消すとオナニーをしたいと考え、服を脱ぐ。どうにも高ぶった時に相手がいないのなら、オナニー以外でどうやって鎮めるというのだろう。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ