☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/15
最終更新日:2012/03/14 23:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)6 第3章 自身のDVDとかいうのは大変に奇妙なモノ・しかし見てみれば、ぷぅ子の胸は熱くなる
 真っ赤な顔したぷぅ子が小さくつぶやく。

 「案外と……もしかして……私って可愛かった?」

 今まで相当自惚れた事もあったが、これほど素直な気持ちで自惚れたくなるのも珍しい。何という目線に編集という流れ。本当に淳というあの人は天才かもしれない。天才だったのか。

 見た目ではない、雰囲気が可愛いと思わせるような絵心がビデオの中に浮かんで漂っていた。おかげで可愛くない自分が可愛いかと錯覚する。何も過剰な可愛い子を演じた覚えはないというのに。

 「上手すぎる……」これほどまでに自分のような女から可愛いと浮かぶ一瞬を抜き取りまくるとは。神の撮影と編集を見た思い。あの異常なまでの熱意は神の領域だった。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ