☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/08
最終更新日:2012/03/08 00:02

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5 第4章 編集と構成にジャケット・そしてパイロット版を無料配布する戦略・淳という天才の美学
 「で、ジャケットの裏側はどうなるんです?」表の方は決まっている。淳の指定したブラタイプビキニ姿の1枚絵。問題は裏の方。

 DVDを購入した者は必ず裏を見る。なぜか。表は1枚絵だが裏には数枚の絵があるからだ。そこを見て内容を把握しようとするが購入者の心理。表も大事だが裏も重要。むしろアピールするためには裏側の方にもこだわりがなければ。こだわりは常に裏に潜む。

 パソコンの画面を見る男の後ろに立つと、淳は用意してある画像の中からマーキングしておいた絵を指差した。

 「これとこれとこれな」

 次に問題は、どの絵をどの大きさでどこに配置するか。これで見た目の印象が決まる。印象が悪ければ失うモノが多い。


「えっとな、真ん中にこの絵を置け。この2つをちょっと小さめにして左右から真ん中の絵を挟むんだ。で、文字はこの位置」

言われるままに構築して、なるほどなぁと思っていく。ここまでこだわるのは天才だろう、一般の世界では変態だろうが。実際、淳以外の監督はここまでこだわらない。おかげで淳が監督をやると最後の最後まで念入り。濃密で何とも疲れさせられる事よ。

 そして最後に、パイロット版のジャケットに使う別の絵を1枚だけ指定する。そして、早急にパイロット版を500枚焼けよと指示。

 「最初からネットで流せばいいでしょう?」と男が言えば叱咤された。お前は何も分かっていないと。ちょっとレアなモノを手にして得したと思わせる。そんな楽しみを相手にくれてやれ。そしてネットで流す楽しみも相手にくれてやれ。その代わり金をもらう。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ