☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/08
最終更新日:2012/03/08 00:02

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5 第3章 緊張が激しく胸が苦しいのでアドバイスを色々ともらいたい
 山本と話をしてアドバイスをもらっても、納得し難いのか心が安定しないのか。今度は仕事を終えて出てきた松山を掴まえる。今は誰でもいいから話をしたい。本命の淳が相手にしてくれないのだから、多分話をしても落ち着かないだろうが。

 「どうしたらいいのかな……って緊張しちゃって」ぷぅ子に打ち明けられた松山は、逆に自分の方が緊張してしまう。

 責任ある返答をしなくていけない。そんな緊張が松山の言葉をいい加減なモノにしてしまう。

 自分らしさは大事、でもちょっと控えめにした方がいいと、実に曖昧な言葉。それはぷぅ子をさらに不安にさせてしまう。こんな感じの不安は、自分が一人ぼっちになるみたいな気がした。そして自分のらしさがエネルギーを失っていくような怖さもあった。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ