☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/08
最終更新日:2012/03/08 00:02

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5 第3章 緊張が激しく胸が苦しいのでアドバイスを色々ともらいたい
 「そうだなぁ、もうちょっとテンションは落とした方がいいかも」目の前の山本は、テンションが高すぎてキャラクターが強すぎる気がするとか。良くも悪くも親心のオーラを一杯に伝えてくる。

 不思議なモノ。本当はぷぅ子が主役で山本はただの脇役。それなのに、脇役が主役を支えているという傲慢な親心を持ってしまう。自分が主役を育成しているというような。ある意味では傲慢。

 それを許すばかりか、ドキドキして「そうかもしれない」などと神妙になる。明らかに普段の自分らしさの炎が消えている。

 でも100%山本の意見が正しいと受け入れるわけでもない。自分らしさを削られているようなこの感じが、自分を失っていくようなこの感じが、話をすればするほど不安を大きくさせる。売れるための戦略と本当の自分。それは本当に両立できるのだろうか。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ