☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/08
最終更新日:2012/03/08 00:02

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)5 第3章 緊張が激しく胸が苦しいのでアドバイスを色々ともらいたい
 「あ、山本さん。時間あります? 良かったら一緒に夕飯でも」と、同じ女で仲間意識の盛り上がった山本を掴まえた。

 山本の意見を切に欲するという気持ちではないのだが、今は誰でもいいから何かを言って欲しいとか聞いて欲しいとか。そんな自分を、ぷぅ子は安っぽいと恥じている。なのに不安で苦しいから安っぽい事をやってしまう。

 「いいよ、行こうか」山本が気持ちよく応じる。気持ちは分かっていた、緊張するなどと言い出すのはよくある事。それはこんな大爆乳の女でも一緒。その辺はちょっと和らげてやりたいなと、一種の親心のような気持ちか。

 喫茶店に行って向き合うと、珍しくぷぅ子は控えめな感じを見せていた。慣れない謙虚という事かもしれない。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ