【オトコの話】★ミニ
【オトコの話】★ミニ
アフィリエイトOK
発行者:カミガキアユミ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2012/02/29
最終更新日:2012/02/29 23:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【オトコの話】★ミニ 第1章 ● ステージのないオトコ
■ 自分を探す前に、すべきこと

小さな成功体験はないより、あった方が断然いい。
しかし、そこで図に乗ってはならない。過去の栄光にしがみついていてもダメ。
それを忘れて、またゼロから積み上げていけるかどうかが勝敗を分ける(ような気がする)。
その積み重ねこそがステージへの階段で、一気に駆け上がることなんてできないのだから。

成功体験だけでイケイケできて、ゼロに引き戻される体験がないと、ふわふわといきなり大きなステージを夢見て、いつまでもさまようことになるんだよなぁ~(小・中・高・大と成績のよかった人にこの傾向、見られます)。

自分は探すものではなく、常に向き合うもの。鏡の前にホレ、いるではないか。

自分を探す前に、自分の足元を見つめ、今ここにいる自分の小ささや不十分さを思い知り、受け入れることだ。
それに早いとこ気付いた人ほど、ぶれないステージを持ってまい進している。


ステージの例でいえば、結婚式。

「一生に一度」と思うと、女性がウエディングドレスにかける情熱はすさまじいものがある。着飾って、多くの人の前に登場する、その日一番輝いている私、という幻想が結婚式に賭ける花嫁のパワーの源だ。

普段着ることのない、お姫様ドレスと一日だけお姫様な私。

でも、結婚式って、結婚生活を送るための「手段」であって、それが最終のゴールでも、本当のステージでもない。

ところが、夢見る女は華やかなドレスに目がくらみ、結婚式こそが二人の愛のゴールで、それを多くの人に見せつける一世一代の晴れ舞台(ステージ)と錯覚するのだ。
本当のステージは、紆余曲折を経ながら、いかに長く結婚生活を続けていくかということなのに、ね。

「自分を生かす場=ステージ」と定義するならば規模の大小は関係ない。
人のステージはどうなのか、というのも関係ない。
仕事がステージの場合もあれば、趣味がステージという場合もあるだろう。

とにかく、これと決めたら揺るがない「ステージ」を持ち、そこでプレイし(演じ)続けることだ。

これは「ステージ」を探すことより、ずっと骨が折れる。パワーもスタミナもいる。

だから、さっさと「ステージ」を見つけてプレイの方に心血を注ぐべきなのだ。

だって、人生は長いようで、短い。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ