【オトコの話】★ミニ
【オトコの話】★ミニ
アフィリエイトOK
発行者:カミガキアユミ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2012/02/29
最終更新日:2012/02/29 23:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【オトコの話】★ミニ 第1章 ● ステージのないオトコ
語学のセンスがあり、人一倍努力もしている。その自負と語学力をダイレクトに生かせる仕事、例えば翻訳とか通訳、に就き、四六時中、外国語を使い続けている人は、それが日常なので、淡々と仕事をこなし、ことさら自分が語学に堪能であることをひけらかすこともない。

なぜなら、それが「仕事」だからである。できて、当たり前の世界にいるからである。

ところが、同じように、語学のセンスがあり、人一倍努力もしてきたのに、それをダイレクトに生かす仕事に就けないまま、優れた語学力を持てあましている人がいる。これが始末に負えない。

「オレ、英語できるし」という自信を発表する場がない。「これほど、語学に堪能なオレ」が認められ、称賛される場がない。

はたから見ると「そういう仕事(つまり、翻訳とか通訳など、英語を使いこなす職種)に就かなかったんだから、仕方ないじゃん」と思うのだが、当の本人は「これだけの語学力を持つオレ」がわけあって一般企業に就職し、英語の話せない一般社員とひとくくりにされていることがいたたまれないようだ。

もしくは、「センスもあり、人一倍努力している」自分への自己評価があまりにも高く、周囲がその自己評価以下である現実に不満を募らせているのであろう。

「すごいオレは、もっと認められていい」。でも、その場(ステージ)がない。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ