【オトコの話】★ミニ
【オトコの話】★ミニ
アフィリエイトOK
発行者:カミガキアユミ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2012/02/29
最終更新日:2012/02/29 23:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【オトコの話】★ミニ 第1章 ● ステージのないオトコ
「自分の実力はこんなもんではない」と、常にくすぶっている人を見かける。

会社や社会が自分という逸材を見出せずにいる、そのことが不満なのか、それなりの職に就き、社員としても優秀(多分)、趣味も多彩なのに、自分に満足し切れていない人。

語学に堪能な人にこの傾向がある、ような気がする。

もともと音感がよく、外国語の聞き取りも、発音もうまい。おそらく、中学生の時点で英語が好きで、成績もよかったにちがいない。相応の努力もしている(という自負もある)。

英語道を突き進み、英文科を出たり、英検やTOEICの上級者だったり、留学したり…と、英語を使いこなし、その能力はいまだ衰えてはいない。あるいは、他の語学に興味を持ち、英語と同等に使いこなせる域にまで達している(そして、それが自慢だったりもする)。

このように、語学に堪能なことは誠に結構なことである。私のように、岩国米軍基地の“あんちゃん”達と仲良くなりたいがために、20歳を過ぎて本気でラジオの英語講座を聴き始め、竹村健一の英語本を読みあさって、最終的に最も覚えやすく通じやすいブロークンな英語を身につけた軽薄な人間とはわけが違う。

彼らは発音もよく、正当な英語の文法を身につけ、臆することなく外国人と英語でコミュニケーションをとるのだ。立派なことである。だが、しかし・・・
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ