春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第9章 柊 (続)
「っ、、
行きたくないって、散々泣いたから。
母さん、
お願いだから、
“出て行って”、てっ。
訳の分からない男に目を付けられたお前が悪いって」



「すまない‥」


震えている光の肩を抱き寄せて、俺に寄りかからせると、ぽすっと、俺の胸元に身体を預けた。

カタカタと小刻みに震えているのが、身体から直接伝わる。



「風は俺があんまり泣いたから、村から逃がそうとして、見つかった。
縄で縛られて、俺と一緒に、丸一日、飲まず食わずで閉じ込められたっ」



「‥‥あの子の、腕の痣はそれか。
お前も、閉じ込められたのか」


「っ」


こくっと、頷いたのが、振動でわかる。


こんな年端もいかない子供達を、縄で縛って閉じ込めた…。それも、自分の育ってきた村の大人達が。


惨いことを‥、

だけど、俺には彼らを責める資格は、
ない。



光の家族を監視させ、確実に俺の元に光が来るように、敢えて、村に対して光を要求したんだ。

ひっ迫感した村の状況を考えれば、光やその家族が、どういう扱いを受けるかは予測出来ていた。


‥予測出来ていたんだ。

解っていて、敢えてそうした。
家族に光を引き渡すように求めれば、逃げられる可能性があったから。




「光、お母さんも村の人達も、責めるな。俺が、彼等を追いつめたんだ。
俺が悪かった」


「皓さま‥、」


光はぎゅっと 俺の服の裾を握ってしがみついてくる。縋り付くようだ。


「お前はきっと愛されていたよ。
こんなに優しい子に育ったんだから。
弟達もあんなにお前に懐いてる」


ひくっと、光の喉が鳴る。
いやいやをするように首が振られた。

きっと、今までずっといろんな事を溜め込んできたんだろう。
不安も寂しさも、慣れない生活のストレスも。

ごめんね‥。



「俺が愛してる
それじゃ駄目か」


「うっ、、駄目っ」


しゃくりあげながら、ぐずるように駄目っ、と繰り返す。



「‥ひかる、好きだよ」


「母さんはっ、俺のこと、好きじゃない、」


「あの人は、追い詰められていたんだよ…。俺にも、村からの重圧からも。
お前を手放すしかない寂しさや罪悪感からも、」


「母さんっ‥」
94
最初 前へ 91929394959697 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ