春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第9章 柊 (続)
光の母親と俺の顔合わせは、何も話し合わないうちに終わってしまった‥。





俺や潔も、呆然としたが、何より光と母親が動揺していて、話を続けるのは無理だった。

光の精神的にも、これ以上母といない方がいいように思えて、話を切り上げた。




母親、実際には叔母だったわけだが、彼女は潔が送っていった。


弟達は雪達親子と、意外にも打ち解けた様子で、お茶を続けていた。 時々、笑い声が、こっちまで聞こえてくる。




光は母がいる間は気丈に笑って見せていたが、彼女が店から出ると、また泣き出していた。


「‥‥っ、ごめんなさい」


光は肩を震わせたまま、声を絞り出すようにして謝る。

震える小さな肩が可哀想なのに、何をしたらいいのかわからない。何を言えば、光の気持ちが落ち着くのか、わからない‥。



「光は謝まることなんて、何もない」


うなだれた頭を宥めるように撫でると、また大粒の涙が零れ落ちた。

光の泣き顔を見ていると、
胸が痛い‥。



「風やチビ達に会いたかった‥。
元気にしてるの、少しでも見たくて、帰ってきたけど、、
何しに来たのかな…」


泣き声を耐えるように口元を手で覆って、一生懸命話す。


光が、あんなに仲のいい兄弟がいながら、家に帰りたいとは言わなかったのは、母親と揉めるのが怖かったんだ。

こうなる事を恐れていたんだろう‥。


なのに、俺はちゃんと事情を聞かないまま連れてきてしまった。

俺のする事は、いつも強引で身勝手だ。



「‥すまない。ちゃんと来る前に、光の話を聞くんだった。
家族に会うことを、躊躇っていたのは解っていたのに‥」


光は違うと言うように、フルっと首を振る。


「俺が話さなかったんだ。
もしかしたら、母さんは笑って迎えてくれるんじゃないかって、思った。
でも、もう駄目だった」


光の涙は止まらない‥。

小さな身体に閉じ込め続けた寂しさや憤りや悲しみが、出口を探して溢れかえっているようだった。


向かい合わせに座っていた席を立って、光の横に座り直した。

ちょうど、光側の席は、店の入り口側に座っている弟達には見えない。



「俺のところに来るとき、お母さんと、揉めたのか?」


揉めたに決まっている‥。
93
最初 前へ 90919293949596 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ