春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第9章 柊 (続)
泣き声混じりに、小さな男の子達の叫び声が聞こえて振り向けば、同じ背格好と顔をした子ども達が2人、走り込んできた。

そのまま勢い良く、光の足元に抱きつく。


「「兄ちゃんっっ」」


小さな男の子達は光の足元に抱きついたまま、びえっっ、と泣き出した。

光も弟もしゃがみ込んで、その小さな頭を撫でた。


「秋、春、‥ごめんな。
久しぶり」


「兄ちゃんっ、どこ行ってたの?
何で帰ってこなかったの??」


‥あの子達には、光がどうして家を出たのか説明していないのだろう。
可哀想に、光に抱きついて身を切らんばかりに泣いていた。


「ごめんな」

上の弟も、また涙が頬を濡らしていた。














「兄ちゃ、抱っこっ」

「俺もっ、抱っこするっ」


双子は見分けがつかないほどそっくりだった。 光の弟だけあって、それは可愛らしい。 だけど多分、光が一番繊細で整った顔立ちをしているだろう。




光の首に抱きついた2人を、光はその華奢な腕でいっぺんに抱き上げた。 双子は兄の腕に収まって安心したのか、鼻を鳴らしながらも、なんとか泣き止んだ。


「兄貴っ、無理すんなよ。
そいつら日増しに重くなってんだから。
おら、一匹こっちこい」


光の腕から、一人抱き上げようとすれば、2人揃って泣いた顔を膨らませる。


「「やだっ、風兄嫌いっ」」


「こら‥、何で風に嫌いなんて言うんだ?」


両手が塞がっているからか、光が弟たちの濡れた頬を拭うように頬ずりすると、弟たちも光の首筋に顔を埋めた。


「可愛い兄弟だね‥」


隣で彼らの様子を伺っていた潔様が、しみじみと呟いた。お館様も顔は強ばっていたが、静かに頷いた。

本当に、あの子達は可愛らしい兄弟だ。



「チビ達、怒ってんだよ、俺だけ先に来たから」


「ああ、そっか。
風、やっぱり一人引き取って。
落としそう」


「やだっ」


「いいから、春は俺んとこ来い。
兄貴がこれ以上縮んだらどうすんだ」


「‥縮んでないよ、伸びてる」
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ