春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第9章 柊 (続)
雪視点


「兄貴っっ!?」

光によく似た少年だった。

だけど光より背が高くて、目はつり上がり気味でかなりキツイ印象の子だった。

「風っ、」

少年の顔を見た瞬間、光は駆け出して、その子を抱きしめた。途端にそのキツイ顔が緩み、目に涙が浮かんだ。


「兄貴っ、兄貴っ、、」


自分より小柄な光に縋るように抱きついて、言葉が出ないのか、ただ泣いていた。
光は背伸びして少年の頭を撫でてやる。落ち着くまで、ずっと背をさすって、宥めていた。



「風‥、
元気だった?背、伸びたな」


「兄貴はっ、兄貴はどうしてた?」


「元気だった。
月白様もお屋敷の人達も、みんな優しくしてくれる。
ごめんな、連絡出来なくて」


実際には屋敷には未だに光を避けたり、嫌がらせするような使用人もいるし、お館様の親族も光を良く思っていない。


体調を壊したこともあるし、慣れない生活にストレスを溜めているような様子もあった。
だけど、弟を落ち着かせようとしているみたいで、何の迷いもなく、元気だと言った。


光が笑いかければ、弟も少し落ち着いたのか、表情を和らげた。


「兄貴は相変わらず、チビ」


「うるさい」


軽く頭を叩かれると、少年は照れくさそうに笑って、光の体を離した。


「今、おチビ達も来る」


「お前、置いてきただろう?」


「ごめん‥」


顔を覗き込んだ光に、弟はしゅん、と肩を落とす。
弟の方が外見は大人びているが、光はかなりしっかりした長兄だったようだ。



「泣き止んだ?」


「‥ん、」


「手首、痣になったな‥」


光が言うように、涙で濡れた目元を拭った弟の手首には、縄で縛られたような痣がくっきり浮いていた。

な、に、あれ?

隣で皓様や潔様も怪訝な顔をした。



「大丈夫、薄くなってきてるし」


「‥村の人、平気か?」


「俺、村出てる。
兄貴来るって聞いて、帰ってきた」


「どこにっ?」


「隣町、住み込みで蕎麦屋してる。働いてる」


歳はまだ13、4の筈なのに。
それがもう、家を出て労働している‥。



「‥ごめんな。
俺が、泣いたりしたからだ‥」


「違うっ、俺が行かせたくなかった」


どういうことなのかしら‥。
さっきから2人の会話がうまく飲み込めない‥。



「「兄ちゃんっっ」」
85
最初 前へ 82838485868788 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ