春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第9章 柊 (続)
コロコロ笑い合ってる光と綾香を見て、
だんだん皓様の眉間にしわが寄る。


‥ほんと、光が絡むと彼は別人だ。
もともと執着や独占欲は、何に対しても、さほど強い人じゃなかったんだけどね。


しまいには我慢できなくなったらく、光から綾香を引き離そうと自ら子供に手を伸ばした。



「こっち、おいで」


綾香は自分に伸ばされた皓様の腕を見て、一瞬固まる。

俺達はだいぶ見慣れてるけど、皓様はちょっと見る機会がないほどの美形だ。

いったい子どもはどんな反応をするんだろう。



「‥‥‥ゃ、おじちゃんやぁ」


車内が今度こそ、静まり返った。


‥おじちゃんって言ったよね、今。
まだ二十代の皓様を捕まえて。


言われた本人は現実が受け止めきれないのか、腕を差し出したまま呆然と子供を見つめ返し、光は面白かったのか、無言で笑いを耐えていた。



「‥おじ!?」


「まあ、五歳児から見れば、俺達はおじさんだよ」


俺も年下の皓様がおじさん呼ばわりされたのは、ちょっとショックだったけど、しょうがなくフォローに回る。



綾香のおかげで、車内は気まずくなるかと思いきや、そんな感じで穏やかに過ごせた。
84
最初 前へ 81828384858687 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ