春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第8章 柊

「「はい?」」

潔と雪とが怪訝な顔をする。
突然、年末は一緒に旅行に行ってくれと言われたら、そうだろう。


「だから、潔も雪も一緒に来てくれ。
慰安旅行だと思ってくれていい、近くの温泉で旨いものでも食べよう」


「光と二人じゃなくていいの」

「光が村に行くのを怖がってるんだ。大人数の方が安心するみたいだから」


「やったぁぁ。旅行だ。
高い宿とっていい!?」

 「いいところを取ってくれ。
雪も、子供でも仲のいい女中でも連れてきていいよ」

「いえ、、子供はもともと年末年始は夫のところで過ごす予定でしたから」

「雪、遠慮する必要ないよ。東海の海の幸食べ放題だよ」

「光の故郷って、確かリンゴの産地じゃ??」

「列車ですぐ、海だよ。いくらでも牡蠣でも美味しいものだらけだ」


大はしゃぎな潔に雪が若干引いている。
無理もない、潔は時々壊れるんだ。

「潔さま・・?」

「いいんだ、潔はここ数年、ウチと王都の往復しかしてないからな」


「あの、本当に子供連れて行っても??」

「ああ、たまには呼んでやるといい」

「はい」

81
最初 前へ 78798081828384 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ