春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第1章 春

「必要な書類、これで全部?」


「いや、リビングの机にも」


「はいはい。食事、車の中でいい?」


「うん、その方がいい」


寝起きで食欲が湧かないが、少し時間をおいたら食べる気になるかもしれない。


「光のこと、よろしく。
目が覚めたら、自分で部屋に帰れると思うけど、昼前に様子を見てやって」



「ハイよ‥。一週間も皓様が帰ってこなかったら、寂しがるかな」


「いや…、ちょうどいい息抜きだろう」


潔は俺の荷物を纏めて、部屋の入り口で身支度が整うのを待つ。


こんな場面を見せられれば、一見仲睦まじく見えるかもしれないが、光が俺に言う言葉は、怖いっ、と嫌っ!!!、だけだ。
偶には息抜きをさせてやらないと、そのうち光まで不眠症になりかねない。



少し眉の寄った寝顔に一度だけ口づけて、ドアの前に立つ潔を追いかけた。


8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ